新卒に役立つ就活情報 第二新卒に役立つ転職情報 転職お役立ち情報

企業が採用したいと考える人材の特徴とは

投稿日:

一時期と比べものにならないほど

求人の数が多くなり、

今では驚くほど仕事が探しやすく

なっています。

 

景気が悪い時代は、

ずっと求人が少なかったですが、

近年ではびっくりするほど

企業が採用者を探しています。

 

少し前の就職難が叫ばれていた

時代がちょっと信じられない

くらいの状況が続いています。

 

人材採用を積極的に進めている会社が増加しているが

ただし、

いくら求人数が増えてきている

とはいえ、どのような人材でも

採用するのかというと

そうではありません。

 

どんな人でも採用される

というわけではなく、

求人を出していても、

結局採用しない企業も

あります。

 

昔から企業の採用担当者の多くは、

会社にとってプラスとなる人材を

求めて吟味をしっかりするつもりで、

採用業務を行っているものです。

 

いくら大勢の人を採用したいと

思っている企業でも、

求人を出す時にはある程度の

要求水準があり、

有能な人を探しているものです。

 

就職活動が上手くいかなくても対策を怠らずどんどん進める

場合によっては、履歴書による審査や、

最初の面接の段階で、

採用不可という結果を受け取ることも

よくあるでしょう。

 

もっとも、書類選考や面接試験で

落とされたからといっても

過度に落ち込むことは

ありません。

 

求人数は多いので、

一つの企業に固執するのではなく

ダメなら次へという気持ちの

切り替えが大切です。

 

一つの会社の結果が出るまで

時間がかかる時は、

別の会社も受けておくなどの

対応も大事です。

 

採用が決まるまでには

出会いや運の要素も

ありますので、

いくつもチャレンジしていく

ことも成功の秘訣です。

 

とはいえ、就職活動が

順調に進んでいくに越したことは

ありません。

 

そのためには、

自分が企業に採用してもらうに

ふさわしい人材である必要が

あります。

 

では、企業が採用したい人材

とは、どのような特徴が

あるのでしょうか?

 

企業はどんな人材を採用したいのか

就職活動で、会社が採用したい人は、

時代の変遷と共にそれほど

変わることはないようです。

 

やはり、学歴よりも人物重視

というのが、人材採用時の

基本中の基本となっている

ようです。

 

企業によっては、

今でも学歴によって採用の可否を

決めているようで、

特に最後の決め手になることも

あります。

 

学歴が低い人の中には、

数多くのエントリーシートを

提出しているにもかかわらず、

学歴スクリーンを突破できずに

いるということもあります。

 

ただし、こうした学歴を重視した

採用選考の傾向は、

徐々に少なくなってきています。

 

現在は、

とにかく採用する人材に求めるのは、

いかにやる気とバイタリティ

そして独創性などを持っている

人材であるかという点です。

 

企業側が人材を採用する時に考える事

様々な人材が集まって

仕事を分担することが、

会社の業績アップにつながる

という価値観もあるようです。

 

というのも同じようなタイプの

人材だけを採用していると、

会社の組織力が乏しくなって

しまいます。

 

この先、

会社が競合他社と争っても

負けないような方針を打ち立てるには、

色々な価値観のある人を

集めることが大事だと

考えるような企業もあります。

 

多種多様な人材が、

会社のために働くことで、

それぞれの強みを活かした

強い組織になることが

できるでしょう。

 

就職活動や転職活動を行う際には、

就職を希望する会社のカラーが、

 

自分にどれほどぴったりと

合っているかどうかを、

いかに見極めるかが

重要になります。

 

企業が人材に求めるものと、

自分とのギャップを少しでも

埋めることが、

採用を勝ち取る第一歩と

いうことになります。

 

売り手市場の中で人材採用に苦戦する中小企業

一方で、中小企業の中には

求人への応募が少なく、

苦戦しているところが

多いようです。

 

かつては、

求人が少なすぎて、

仕事につきたい人が

あぶれている状況でしたが、

 

今で事情が一変し、

人手不足が続いています。

 

大手の企業に就職したい学生や

転職希望者が多くなって、

採用試験の倍率が相当

高いところもあります。

 

規模の大きい企業には

応募者が殺到していますので、

 

その中から選べばよく、

優秀な人材を集めることは

それほど苦戦していない

傾向があります。

 

中規模以下の企業になると、

求人を出しても応募が集まらず、

人材不足が解決しないことに

なります。

 

中小企業が抱える新卒の募集に関する状況

新卒の募集に関しては、

安定した雇用や、充実した福利厚生を

期待している学生にとっては、

中小規模の企業に採用されることは

望ましくないことと思われがちです。

 

大企業に入りたいという学生の

価値観が強固なために、

求人を出しても採用したい人材が

一向に集まらないということに

なります。

 

何度も求人を就職サイトに出しても

エントリーシートが来なかったり、

何とか採用内定者を決めても、

 

別の会社から内定をもらって、

そちらに行ってしまう学生も

多くなっています。

 

企業からすれば、

期待度の高い学生ほど

他の会社の内定をもらって、

そちらに行かれてしまうのは

やるせないものです。

 

中小企業を応募する際に考える事

中小企業にとっては、

売り手市場の今の状況について

厳しく、

 

もしかしたら学生や転職者に

とって、

中小企業は採用されやすい

のかもしれません。

 

そして、大手企業で

安定や充実した福利厚生を

求めるのもわかりますが、

 

大手企業では、

出世競争も激しく、

会社の歯車にもなりがちです。

 

一方、中小企業では、

自分の努力ひとつで、

会社を成長させるチャンスも

ありますし、

 

早くから。会社の中心として

働き、やりがいのある仕事が

出来る可能性もあります。

 

いずれにしろ、

やはり、大企業であろうと

中小企業であろうと、

 

社会人としてふさわしい

人材になるよう自分を磨く

という点においては、

変わる事のない姿勢が大切です。

 

新卒就活内定獲得までサポート

新卒の就活には欠かせないサイト

チェック1 ◆新卒就活内定獲得まで無料サポート◆ 就活ドラフトは、あなたが探している企業をどんどん紹介します。 内定獲得に向けた就活の方法、面談対策、なんでも相談してください。 WEB登録いただければ ...

続きを見る

-新卒に役立つ就活情報, 第二新卒に役立つ転職情報, 転職お役立ち情報

Copyright© 就職活動支援サイト , 2018 All Rights Reserved.